BACK
□ じっくりみてね!
BY / Nozomi

Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
フィギュアで寝不足(笑)
□ 2006/02/24(Fri) 12:08:32

トリノ五輪でついに日本人初の金メダルが!!
しかものんが冬季オリンピックの中で一番大好きな競技、フィギュアスケートで荒川静香さんが堂々と華麗な演技を披露して文句
なしの金メダル!
オリンピックのフィギュアスケートでの日本人のメダル獲得は実は92年の女性初のトリプルアクセルを披露した伊藤みどりさん(この方はのん、大ファンでした)の銀メダル以来。しかも、アジアでもフィギュアスケートでの金メダルは史上初というまさに歴史に残る素晴らしい冠まで付いた。
実は中継でオンタイムで観たかったためテレビ付けてベッドに入っていた。
そしてはっと目が覚めた時音楽が流れていてちょうど村主選手が演技を始めたところだった。
「しまった!でも間に合ったのかな?」と時計を観たらどうも時間的に終盤のようだ・・・。
案の定、荒川選手もミキティも競技を終えていた。
結局中継で観れたのは村主選手とスルツカヤ選手のみ(号泣)
でも、こんなこともあろうかとビデオに録っておいたのでほっとひといき。
感動的な「君が代」を聴いてからゆっくりビデオでミキティと荒川選手の演技を観た。
荒川選手はとにかく伸びやかでまるで白鳥か何かのような華麗な演技で、滑り終わった後の笑顔は最高に晴れやかで美しかった。ミキティは転倒してもなお最後まで諦めずに果敢に4回転にチャレンジし続けていた。そんな2人の姿は涙無しでは観る事が出来なかった。
伊藤みどり選手は100年に一度の逸材と称賛されていたが、荒川選手にはどんな言葉があてはまるだろうか?素敵な言葉が浮かんだ人は教えてね。
事故に遭遇。その@
□ 2006/02/17(Fri) 01:19:18

夕方表参道で用事を済ませて事務所に戻る時、田園都市線経由にするか小田急経由にするか一瞬悩んで小田急線経由を選んだのが運が悪かった。千代田線の改札を通ったとたん、小田急線で人身事故があり上下線とも小田急線運転休止のアナウンスが耳に入ってきた。
車を運転しなくなって移動手段がもっぱら電車になってから、あまり良い事ではないが、人身事故に遭遇する事は度々あった。該当車両に乗り合わせて30分ほど駅でもないところに止まっている電車に閉じこめられた事もあった。
事故に遭遇・・・。
□ 2006/02/17(Fri) 00:55:52

でもいつも30分くらいで開通していたので今回もそれくらいかなって思っていた。千代田線は代々木上原まで運転していたのでとりあえず乗って代々木上原までは行ってみた。その間に運転再開するかもと言うほのかな期待もあった。
人から聞いた話なのだが、上下線が止まる程の人身事故はかなりヒドイ事故らしい。詳しく語ってしまうとちょっと嫌な話になってしまうからあえて伏せておくけど。
代々木上原に着くとまだまだ運転再開のめどはたってないようでホームはちょっとしたパニックになっていて、駅員さんが振り替え輸送の切符を必死に配っていた。みんななかなか運転が再開しない事にいらついて駅員さんに露骨に不機嫌な顔をしていろいろ尋ねている。かわいそうだなって思った。駅員さんが悪いのでもないし、逆に駅員さんたちもある意味では私達と同じ被害者だ。
なので、振り替え切符を受け取る時、あえてにこやかに「ありがとうございます。まだ時間が掛かるようでしたら、私は駅がここから近いところなので、小田急線を使いたいのでいったん改札の外に出て時間つぶしても構いませんか?」と尋ねた。すると、怒りまくる人達の対応に追われて疲れ切っていた駅員さんもにこやかになって「はい!それは構いませんよ。そのように改札にいる駅員におっしゃってくださいね。」と言ってくれた。とても感じのいい人だっただけに、そのコミュニケーションの直後に怒りまくった中高年のおじさんに思いっきり胸を傘でつつかれて「どういうことだ!?また階段降りて向こうのホームに行かせるのかぁ?(振り替え輸送のため)」と怒鳴り散らされた時には思わず私はおじさんにくってかかりたくなった。「おとなげない。駅員さんのせいじゃないでしょっ。」って。でもその言葉は飲み込むしかなかった。私は力のない女性で、口論になって人が殺されてしまうニュースはよく聞く話だからだ。
なんだか、何も出来ない自分がちょっぴり情けないと思った日だった。
インフルエンザって・・・。
□ 2006/01/25(Wed) 02:40:13

毎年必ず風邪引くんだけど、インフルエンザと自分は全く無縁の物かと思っていた。
しかし、昨年生まれて初めてインフルエンザにかかり(しかも2回)2年連続で今年もインフルエンザにかかる。
なんだかよく解らないけど、去年はC型って言われた記憶があるんだけど、今年掛かったインフルエンザはA型だって。
去年は確かB,Cしかなかったような。
今年はお医者さんによるとA,B型のインフルエンザがあるんだって。違いが分かる方、この型の違い、どういう事か教えて〜!!
今流行のブログ!?
□ 2006/01/15(Sun) 13:09:10

アナログ人間ののんなので文明の利器の使い方は今いち覚えきれず勉強に励む日々。
いつまでもなかなか使いこなせないのが携帯とパソコン。
携帯は電話とメールが出来ればそれで良いんだけど、パソコンはそうはいかない。ただ、ブラインドタッチが出来るだけのワープロレベルでは宝の持ち腐れもいいところ。
今回オーパメンバーでブログを始めたんだけど、苦手意識が先立つせいか、パソコンに関してはいつも特別顧問の佐助さんに任せっきり。頼ってばかりでは申し訳ないと思い、自分でも研究してみようとブログを立ち上げてから、あぁでもないこぉでもないと奮闘すること5日間。
ついに写真のアップとブログの表紙の模様替えを成功させることが出来た!!
自分の力で発見するのってやっぱり凄く気持ちがいいし達成感がある。
まぁ、最近ブログが流行っていると言うことで誰にでも簡単にできるのだろうけど・・・。
のんにとってはかなりの快挙♪
月ごとに季節なりイメージなりを考えて表紙を編集していこう♪
天使の卵
□ 2006/01/11(Wed) 17:53:13

こちらも本のタイトルなんだけど、例の珍しく2冊連続で恋愛小説読んじゃったうちのもう1冊の方だ。
でも、いつも思うのだが、小説やフィクションの世界って、「そんな偶然あるわけないでしょっ!!」っていうことに限って必然のことであり、また必要不可欠なものだったりするから不思議だ。
この物語も当然その凄い偶然が必然のこととして出てくるわけで・・・。
主人公の男の子が電車の中で一目惚れしてしまう美しい女性が実は主人公の父親が入院している病院の医師で、しかも主人公の高校時代の彼女の姉だったという凄い偶然の連続が・・・。
しかもこの二つの偶然が物語の展開を大きく左右している。
・・・まぁ、美しくも切ない物語である。
2006年年始めにちょっとピュアな気分になりたい!!と言う方は是非読んでみてはいかがかな?
ブルーもしくはブルー
□ 2006/01/08(Sun) 12:18:52

・・・別にのんがブルーになりまくっているというわけではなく、推理物が好きなのんにしては最近珍しく乙女チック(!?)に恋愛小説を2冊続けて読んだうちの1冊のタイトルである。
今まで恋愛ファンタジーなるものは特に好んで読んだことなかったのだがたまたまタイトルが気に入って随分以前に購入していた物ですっかり読むのを忘れて実家に置き去りになっていたので今になって引っ張り出してきたのである。
読み始めるとかなりのん的には面白かった。
もう一人の自分が別の場所で存在していて選び損なったもう一つの人生を歩んでいるといういわゆるドッペルゲンガーの話なのだが、過去の記憶を共有しある時期を境に別の人生を歩み始めていてその二人(?)が偶然にも出会ってしまい、お互い選ばなかったもう一つの方の人生に興味を持ち、1ヶ月という期間を決めて入れ替わって生活するのだが・・・。
この本を読んで感じたことは自分が選択した人生を後悔ばかりして現実逃避したって、自分自身が変わらなければどんなに沢山の選択肢があり、どの人生を選ぼうとも結果は同じだと言うこと。
自分が決めた人生を精一杯楽しく生きれば自ずと良い結果が得られるんだと思う。
100%純粋に恋愛物というわけでもなくサスペンス的な部分もありすごく楽しめる話なので是非読んでみては??
ちなみに、ドラマとか映画化すればいいのになって思ってネットで調べたら、すでにNHKで2003年に稲森いずみ主演でドラマ化されていた・・・。
遅ればせながら・・・
□ 2006/01/08(Sun) 05:33:52

新年最初の日記になります。
明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします♪
・・・ということで堅苦しい新年の挨拶はここまでにして、昨年に宣言したとおり、今年のスローガンは「ボロは着てても心は錦」に思いつきでしてしまったわけではあるが(笑)実家に帰省してる時に母が年賀状書きに使ったという筆ペンに目を付けて、数年ぶりに書き初めをしてみた。
もちろんスローガンを書いたあとに案外習字が面白いことに気づき(今更っ)いくつか言葉を書きつづってみた。
しまいには紙がもったいないので新聞紙にまでいろいろ書き殴る始末。確か小学校の頃の習字の時間に練習で新聞紙にかいたなぁ。なんて懐かしがりながら(汗)
ちなみになかなか会心の出来だったので「仏の顔も三度まで」と書いたものを、後日木野くんにプレゼントしたらあっさり「いらない」と言われた・・・。(苦笑)
困った時の明治神宮(!?)
□ 2005/12/29(Thu) 07:19:24

そろそろ初詣の季節が近づいてきてふと思い出したんだけど、みんなは「困った時の神頼み」って有効だと思う?
お願い事って人に話すと叶わなくなっちゃうって言うから今頃話すんだけど、実はのぞ、神様に2つの願いを叶えて貰えた。
のぞは普段、信仰心があまりない分、困った時ばっかり神様にお願いするのは図々しい気がして神頼みって好きじゃなかったんだけど、今年ばかりは神様にどうしてもかなえて欲しいことがあって、季節はずれの10月下旬、明治神宮に足を運んだ。
プレーオフのセカンドステージが終わった次の日くらいだったかな?・・・というとだいたい何をお願いに行ったか解ってしまうかもしれないけど、ロッテの日本一祈願と友輝くんの手術成功の願掛けに行ったんだ。
まずお参りして、絵馬にお願い事書き込んで、おみくじを引いて・・・。お参りのフルコースを季節はずれのお参りのために人も観光客がまだらにいるくらいの境内の中ゆったり堪能できた。
・・・困った時の神頼みって普段神様に頼らない人がお願いするんだからよほど緊急事態と思って神様が優先的にかなえてくれるのかな?
ロッテも無事日本一に輝き、友輝くんも奇跡的に早期にドナーがみつかり手術も成功して少ししたら日本に帰ってくるとのこと。
でも、ロッテも友輝くんも自分自身が頑張ったから、最後まで諦めなかったから、最高の結果が出たんだと思う。
神頼みはあくまでそれまで頑張ってきたことを前提で、大事の前の気持ちの整理と言ったところかな?
とにかく明治神宮には近いうちにお礼参りに行かなくちゃ。
2006年のスローガン♪
□ 2005/12/13(Tue) 10:00:01

先日実家に遊びに行った。姉も遊びに来て久しぶりに家族がそろった。
それでいろいろ話が盛り上がったのだが、改めて気づいたことがあった。
姉「・・・・それはあんたたちドングリのせいくらべってモンだよ〜(3人で大笑い)」
のぞ「でもさ、笑うのって身体の気の流れが良くなるから健康に良いんだってさ。」
母「そうよね〜。笑う門には福来たるっていうものね。」
・・・どうやらことわざとかで話を締めくくるのがお○がわ家は好きらしい。昔からそんなかんじで話しているせいか無意識のうちにのぞもことわざとかで話をまとめるくせがある。
なので、よく若いコ(こういう書き方すると自分が年みたいでいやなんだけど(爆))に「それどういう意味なんですか?」と聞かれてしまう。ことわざとかって、意味合いは解って使っているんだけど、いざ説明してってなると上手く表現できなかったりするのよね・・。
以前に「判官びいき」の意味を聞かれた時は源義経の歴史から延々と説明する羽目になった(笑)

・・・そんなわけで、ことわざとか大好きなのぞらしく、
2006年のオーパのスローガンは
「ボロは着てても心は錦」で行こうかと思う。(はて?)
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]


表示件数:
(現在165件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club