BACK
□ じっくりみてね!
BY / Nozomi

Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
希美の名前で出ています♪
□ 2005/11/05(Sat) 22:45:20

奥川希美(おくがわのぞみ)、本名同じ。
この仕事を始めた頃は事務所に付けてもらったりした芸名があったのだけど、再デビューした際、本名に戻した。
理由はかなり深い思い入れがあってのことなのだが、その話はいずれ機会があったときにでもお話しするとして、今日は私の名前の由来を紹介。
今でこそ元モー娘。の辻希美の出現により比較的正しく読んでもらえるようになり、携帯の漢字変換も対応できるようになったのだが、昔から1発で正しく読まれたことはなかった。
小・中学校の最初の授業の出席では9割方「おくかわきみ」と呼ばれて、その都度「おくがわです」「のぞみです」と言い直していてちょっとうんざり(?)気味だった。一番ひどいのは教育自習生の考えすぎてひねりすぎた「おくかわまれみ」。
そんなわけで、どうして希美って名前にしたのかな?と思い母に聞いてみた。すると、「希美がお腹に出来た頃に流行っていたドラマの主人公がね、逆境にも耐えてけなげで凄く良い子でね、名前がのぞみだったの。それで、のぞみにしたんだけど、最初漢字一文字で希だったんだけど、市役所で出生届出す時に確認したら名字にちょっと負けてる気がしてね、とっさに美もつけたのよ!」とのこと。
・・・なんとミーハーというか安易と言うか・・・。(苦笑)
ちなみに姉の時はてっきり男の子と思っていたらしく、(なんの根拠があって!?)男の子の名前ばかり考えていて、出てきたらなんと女の子。ちっとも名前が思いつかない母を見て母方の祖母が一言。「雅丈さん(お父さん)、裕次郎に似てるから裕の字をもらって、裕美(ひろみ)はどうだい?」
またしても・・・。裕次郎の子供ってわけでもあるまいし。なんとミーハー&安易な親子なんだろう(笑)
しかしこんな由来で生まれた名前だけど私も姉も自分の名前をとても気に入っている。
本日は停電なり・・(汗)
□ 2005/11/05(Sat) 10:38:36

昨日の夜から今日の深夜3時にかけての話。
軽く一杯飲みながら6日のステージに備えて披露する歌をずーっとリピートして聴きながらパソコンで作業していると突然ブチって鈍い音がして部屋中真っ暗闇。全ての電気製品が機能しなくなった。電気製品使いすぎてブレーカーが落ちたかなって思いながら手探りで懐中電灯を探すが真っ暗闇のため皆目検討がつかなかった。表でがやがや人が話す声がしたので、もしかしたらマンション全体が停電なのかもと思い、おそらくタンスやテーブルであろうというものにどかどかぶつかりながらもなんとかドアまでたどり着いたが、その頃には表は静まりかえっていた。
外に出るとまだ夜の11時なのにやっぱりどの部屋の明かりもついていない。すると人が来る気配がしたので振り返ると管理人が歩いてきて、「今日は工事停電だよ。3時まで。」とのこと。
聞いてないよ〜。って思ってたら、「ちゃんと管理室の前に張り紙もしてあるし、チラシもいれておいたよ。」と一言。
「今度から確認しますね。今日はおとなしく寝ます。おやすみなさい。」と挨拶してすごすご部屋に戻った。
これからステージ進行表も作って、録りだめしたビデオ観て、何よりもスポーツニュースを楽しみにしていたのに・・・。
しかし何も出来ない以上寝るしかなかった。
明け方目を覚ますと部屋中の電気が明々とついていて、どっと疲れが出た(汗)
お初!!!
□ 2005/11/04(Fri) 22:10:08

昨日はパリーグ東西対抗戦を事務所の会長ときのっちと3人で観戦に出掛けた。
もともと行くつもりでチケット用意していたにも関わらず、このところ仕事が立て込みスケジュール的に難しいかなって半分行くの止めようと思っていたんだけど、初芝選手が出場と言うことで、現役最後の姿は一見の価値あり♪と強引に行くことに。
でも、行ってホントに良かった!!取れたチケットはこれまでになくベンチに近い1塁側内野席。選手の顔もはっきり見えるし、会話まで聞こえてきそうな勢い。(ちょっとミーハー!?)
しかも運が良いことにマリンズキャップとホームユニフォームを着ていったのぞは回りにたまたまビジュアル的にあからさまなマリンズファンがいなかったせいか・・・。
ここからはロッテファンにはお話ししちゃうの申し訳ないかもしれないけど、なんと、選手が客席に投げ入れてくれるボール、2コもゲットしたのです♪
まあ正確に言えば2コとも取ってくれたのはきのっちですが・・・。
橋本選手がのんたち(マリンズファン)を見つけて投げたボールがたまたまのんの顔に近づいてきて、思いの他速球だったけど「これは取らなきゃ!」って思って思い切って半分目をつぶりながらキャッチ!!すると手にしっかり掴んだ感触が!!
やった!!って思っておそるおそる目を開けたら、ボールを掴んだきのっちの握り拳を掴んでいたのだった・・・。(号泣)
後は、初芝選手の投げたボールの時は回りがみんなほしがって椅子の上とかに立っていたため状況を観ることが出来なかったんだけど、なんときのっちがゲットしていたみたい・・。
試合も(負けちゃったけど)マリーンズ大活躍でホームラン続出で凄く楽しめてホントに行って良かった。
でも、草薙球場、マリンよりちょっとグランドが小さい気がしたけど気のせいかな?

継続は力なり!?
□ 2005/11/02(Wed) 04:03:12

最近夜更かししても目覚めが異様に早い。今日もなぜか3時半に目が覚める。こんな早起きは新聞配達員とニワトリくらいじゃないだろうか?(そんなことはない?)
昨日(11月1日)は事務所設立2周年記念だった。
いろいろ辛い時期を乗り越え(今も決して楽とは言えないが)良く続けていられるなぁ。ってしみじみ思う。
何の心配もなくぬくぬくと事務所にお世話になって、面倒を見てもらっていたマネージャーが退職すると同時にほぼフリーになった頃は今思えばだいぶ裕福な生活をしていたように思える。
一人でいろいろ仕事させて頂いていた頃はウインドウショッピングをしていて欲しいと思った物はだいたい手に入った。(家や車をポンと買うほどの財力はなかったが(笑))
ショーウインドウのマネキンのコーディネイトがいいとそのまままるまる購入してしまったこともある。(マネキンを除く)
現在(いま)は欲しい洋服があっても値札を観てぐっと我慢。
化粧品でも使い切るまできっちり使う。
しゃれた喫茶店もレストランも遠巻きに眺めて素通りして牛丼屋に入る・・・。
社長とは名ばかりの情けない生活だが、不思議と今の方が毎日が充実している。
しゃれっけのないかかとの低い歩きやすい靴と着慣れないスーツで1日営業回りして、まだまだ小さいうちの事務所で頑張ってくれている子達に仕事を取ってあげられた時の喜びは何ものにも代えがたいものだ。
そんなときはちょっとだけ自分にご褒美をあげたくなる。
今日は仲良しの制作会社に顔を出したらタイムリーに仕事を頂けた!早速電話でスケジュールを押さえるがてら報告するとすごく喜んでくれた。私も自分のことのように嬉しかった。
そして夕飯はその制作会社の人達と今流行のジンギスカンを食べてまたまた美味しいお酒を頂いた♪
最高のご褒美&2周年記念だった。


見上げてごらん♪
□ 2005/11/01(Tue) 02:42:37

今ふと目が覚めてジュースを買いに外に出た。
すっかり肌寒くなっていてそろそろ冬だなぁなんて思いながら空を見上げると冬の代表の星座、オリオン座を発見!!(あってる?)都内でもそこそこ夜空の星を楽しめるんだなぁってちょっと感動。まじまじ星空を見上げると必ずよぎる思い出がある。
のぞは小学校3年生くらいから視力が落ち始めて中学校へ入学した当時はほとんど世界がぼやけて見えていた。
それでも小学校5年の頃に作った眼鏡は「出目金」とからかわれて以来頑なにつけていなかった。
毎年春先に行われている視力検査で一番大きな文字が見えなくなり、見えるまで一歩ずつ前に進むようになって初めて「これはまずい。」と気づく。結果、裸眼視力0.03。
中学校2年生にしてコンタクトをつけた。
すると、バレーボールがはっきり見える!(男子バレー部のマネージャーしてた)みんなの顔がはっきり見える!それと同時に今までのっぺらぼうに見えてた分、自分がぼーっと観てるつもりでも、向こうからしたらガンつけてるか、見つめられてるように感じたのではないかとショックを受ける。
・・・そして何よりも感動したのが空を見上げて星が沢山見えたこと。それまで視力の低下に気が付かずに東京の空には全く星がないものだと思っていた。
初めて(コンタクト付けて)見上げた星空は今でものぞの脳裏にしっかり焼き付いている。(様な気がする)
懐かしい味☆
□ 2005/10/31(Mon) 21:47:27

今はもっぱら日本酒を好んで飲むようになったオヤジギャル(ギャルでもない?)のぞだが、数年前はお洒落にカクテルにはまっていた。(ほんとよ♪)
お子ちゃま的な嗜好かもしれないけど、特に大好きでお店においてあれば必ず飲んでいたのが「グラスホッパー」というカクテル。日本語でバッタという意味なんだそうだけどその名のとおり色はバッタ色。・・・という表現をしてしまうと飲む気がうせるかもしれないけど、きれいな薄い緑色をしている。
クレームドカカオとミントリキュールと生クリームをシェイクして作るカクテルだけど、チョコミント味でアイスクリーム感覚(?)でぐいぐい行けてしまう。ただし、口当たりに反してアルコール度数もカロリーも高く要注意しなければいけないカクテルなのだが(笑)
今日友人のお祝いにお酒を買いに三茶の酒屋に行ったのだが、そのとき最近CMで流れていて気になっていたBAILEYSというお酒を見つけたので購入。しゃれてる感じだったのでお客様用にと思い仕入れたのだが、なんだか美味しそうと思いちょっと味見♪
その一杯が命取りに。懐かしいグラスホッパーに良く似た味だったのだ。色も薄い茶色で(カフェオレみたいな色)ミントの要素はどこにもないのに・・・。
う〜ん。クリームのリキュールなのは確かなようだが。
とにかく美味しい。甘いお酒が好き☆と言う方は是非1度お試しあれ♪
偶然にも・・・。
□ 2005/10/30(Sun) 18:34:50

そんないろいろ家族を思い出させる舞台を観に行って思い出したのだが、今日は両親の37回目の結婚記念日だった。
母に電話してみるとすっかり忘れていたとのことだったが、無意識に父の仏壇を綺麗にしてお供えをしていたのだそうだ。
姉も結婚し、なんとか私も自力で生きられる(!?)ようになった今、ほんとだったら両親は水入らずで二人で第二の人生を楽しんでいただろうにと思うと切なくなる。
私は誰にでも優しくて大きい父が大好きで、心から尊敬していた。友達にファザコンと言われたこともあったが、その言葉さえ誇らしく聞こえたものだ。
私が10年近く前に一人暮らしをしていた頃、父と母がそろって遊びに来てくれたことがあった。せっかく都心(?)に来てくれたので3人で居酒屋に行って積もる話で盛り上がったのだが、その頃すでに父の病状があまり良くなかったため、遠路を電車で帰らせるのもと思い、帰りがけにタクシー代を父に渡そうとした。すると父が寂しそうに笑いながら一言、「いいから。たまにはお父さんにもいい格好させてくれ。」ともらした。
私も親心を解らないくらい若かったせいか、喜んでくれると思ったのに逆に辛い思いをさせてしまったことに少なからずショックを受けた。
私は決して出来た子でもなかったし大学の頃からはこの仕事についてあまり家にも帰らず、両親には心配ばかりかけていた。だから父の言葉は信じられない物だった。
今思えば、大好きだったし尊敬していた故に父には甘えることが出来なかった。正確に言えば小さい頃から仕事が忙しくてあまり家にいなかった父だから腹を割って話したり、どうやって甘えたらいいのか解らなかった。母とはいつも二人三脚で生きてきた感があるからなんでも本音でぶつかっていたのだが・・。

今だったら父にもっとなんでも話して、素直に沢山甘えられる気がする。
今年ももうすぐ主役不在の64回目の誕生日がやってくる。

稀に見る秀作!!
□ 2005/10/30(Sun) 17:57:11

今日、次回うちの新人俳優(!?)きのっちが出演するかもしれない舞台、プロジェクトK制作の「あたっくNo.1」を観に行った。太平洋戦争勃発の口火を切った真珠湾攻撃前夜の潜水艦の乗組員(海軍)達を描いた物語。
前半は男だらけの海軍の様子をコメディタッチで描いていてついつい笑わされてしまったのだが、後半からその中の2人が小さい潜水艇で魚雷を積んで特攻することが発覚し、仲間が怒りや悲しみに暮れる展開に。
特攻する二人のひたむきさや、悲しくも美しい友情も含んだ内容に後半はほとんどの場面が涙無しでは観ることが出来なかった。
おそらく1年分の涙を流したのではないかというくらい。
私の父方の祖父が軍人だったためその姿と重なったというところも多分にあるかもしれない。
祖父は職業軍人だったため開戦当初から戦争に参加していて、位もそれなりの位置にいた。
日本の戦況が不利になってくると自分の意志とは無関係に自分よりも若い部下達(祖父もまだ20代半ばだったが)を片道の燃料と爆弾を積んだ戦闘機に乗せて送り出さなければならなくなった。全ての部下を送り出して一人遺された祖父は自分だけ生き残ることに耐えきれず、自ら片道の燃料だけ積んだ飛行機に乗って逝ってしまった。日本の敗戦の2週間前だったらしい。
祖母の元には遺体さえ戻ってこなかった。
私は祖父にどんなに辛くても生き残って普通に家族そろって暮らせる世の中を見てほしかった。
でも私は写真と話でしか知らないが、そんな心優しくて不器用な祖父を愛して止まない。
今は祖父と祖母と父、3人で空の上で仲良く幸せに暮らしていることを願わずにはいられない。
話は舞台に戻るが、さんざん悲しませた展開だったが、最後、アメリカの無線をキャッチすると、「小さな潜水艇発見するも乗組員確認できず」とのこと、二人はきっと生きている!という希望を持たしてくれて観た後にすがすがしさを残してくれた。
まさに喜怒哀楽を含んだ稀に見る秀作だった♪
ロッテが好きだと叫びたい!!
□ 2005/10/27(Thu) 09:38:44

ついに昨夜、ロッテが31年ぶりの日本一に輝いた。
でも、パリーグ制覇の時はもみくちゃになって大喜びしたのに、今回は言いようもない寂しさがこみ上げている。今頃はうきうきハイテンションになってるだろうと思ってたから、自分でもこんな状態に陥ってることに戸惑いを感じる。
昨晩はまたロッテ応援仲間と祝い酒に走ったのだがなんだかしんみりしてしまった。
ロッテの優勝が決まり、一斉に選手がグランドに走り出したのを見た瞬間あふれだす涙を押さえることが出来なかった。その涙はパリーグ優勝した時の歓喜の涙とは明らかに違う。悲しみから来る涙だった。
私がロッテというチームを本当の意味で知ったのは今年の春からだから、まだ日は浅い。
でもこの短期間ですっかりロッテの魅力にはまってしまった。
公開オーディションにダンス未経験の私が無謀に参加して、まさかの合格から始まり、ついて行くのがやっとのダンスレッスン。
M☆スプラッシュとして初めて選手が戦っているグランドに足を踏み入れた瞬間、そして真っ白なスタジアムの中でダンスを踊りきった時の言いようもない感動。
心優しいロッテサポーターとのふれあい。
そして多くの仲間との出会い。
私はこれらの経験から多くのものを得ることができた。何をとっても私にとって何物にも代え難い大切な宝物だ。
そう、今まではこれらのことが全てきらきら輝いてた現在(いま)のことだったのに、これからは思い出として大切にして新しい生活に踏み出さなければならない。
おそらくあんなに大勢の人達(ロッテのファン)が見守ってくれる中でダンスをすることも、マイクを通して話しかけることも今後の私の人生においてはもう2度とないかもしれない。
そして私達がM☆スプラッシュとして参加したこの年に、ロッテは日本一に輝いてくれた。こんな名誉なことも私にとっては最後かもしれない。
本当に私達に多くの幸せを与えてくれたロッテには感謝してもしきれない。
・・一介のチアの私でさえこんなに辛く切ないのだから、今季で現役を引退する初芝選手の心中は計り知れない・・・(涙)。
胴上げの時ビジョンに映し出された「HATSUSHIBA 6」を観てさらに切なさがこみ上げた。
困った時の神頼み!?
□ 2005/10/25(Tue) 09:18:48

少し前の話になるが、ロッテがパリーグ制覇を成し遂げた翌々日、営業周りの時にふいにふらっと明治神宮に立ち寄った。
お参りなんて初詣の時くらいしかしないんだけど、その日は天気も良くなんだか気持ちも晴れやかですがすがしかったので、この良き日にロッテの優勝祈願でもと思ったのだ。
初詣の時は人でいっぱいで気が付かなかったけど、明治神宮って広い!すたすた歩いても参拝する場所まで10分くらいかかる。
ひたすら歩いて参拝した後はおみくじを引いて、お守りを買って、なんと絵馬も書いてみた!!
普段お参りしない人が気まぐれに神頼みなんて、願い事を聞き入れてくれるかわからないけど、滅多に神頼みしない人の願いだから聞き入れてくれるととてもありがたい(笑)
その日の夜、友人に明治神宮に行った話をしたら、「小泉さんが参拝してるとこか。」と言った・・・。それは靖国神社では?と突っ込んだら、「似たような物だ!!」と言いきられたので、みんな、「似たようなモンだね!」と賛同するしかなかったが・・。
似たような物なのかな?
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]


表示件数:
(現在165件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club